2016年03月29日

2年振り

2年振りとなります東京松屋銀座展の陳列が終わりました!

明日から来月5日までの開催となります!

是非お出かけ下さいませ!

展示会案内⇨http://chogoro.com/contents/schedule.html

image.jpegimage.jpeg
posted by sawako at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会

2016年03月24日

知らなかったー!

岩の陰に……春蘭!!!

全然知らなかったー!!

毎年咲いていたのだろう…。

また毎年の楽しみが増えました。
image.jpeg
posted by sawako at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の風景

2016年03月23日

来週水曜日から

来週水曜日から東京松屋銀座7F遊びのギャラリーにて展示会を開催します。

chogoroの作品も出品致します。

お近くの方は是非お立ち寄り下さい!

在廊は前日10時〜18時頃までの予定です。
image.jpeg
posted by sawako at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示会

2016年03月22日

小さな苔の世界だけど、大きな世界にも見える。

不思議。

image.jpeg
posted by sawako at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 作家さん

2016年03月21日

民藝の想いに通じる事

NYで出会って、とっても仲良しになった友達がいます。

年齢は1つ違い、そして隣の町に住んでいて、1番びっくりしたのは、時期は違ったけれど同じ所でバイトをしていた事でした。そして地元で使う駅も同じ。

近くに住んでいても出会わなかったのに、NYで出会いました。

帰ってきてからもとても仲良くしています。

NYで彼女ととても仲良しになった理由の1つにオペラがありました。初めて一緒に見たオペラは、メトロポリタンオペラの「トゥーランドット」。2人ですごく感動した事を覚えています。

いま、ライブビューイングと言って、世界のオペラを日本でも映画館で見る事が出来ます。
ちょうど先日は、メトロポリタンオペラのトゥーランドットを上演していました。

そして、その友達と見に行きました。

NYでも日本でも同じ友達と同じ演目を見ている事がとっても不思議です。

人との出会いは自分では計れない事。

心震える音楽とかけがえのない友達。

人生の中でキラキラと輝く素敵な事です。
image.png

そして、先週の土曜日は、家の近くでオルガンと声楽とヴァイオリンという初めての組み合わせのコンサートへ。
image.jpeg

オルガンの奏者の方は私の大学先生で、chogoroの作品もいくつもお付き合い頂いており、コンサートの本番でもイヤリングを付けて下さっていました。

舞台の上でキラキラとしてとてもお似合いでした。

大学在学中は出会った事がなく、お互いに面識はありませんでしたが、卒業後に出会い、とても良くして頂いています。これもまた素敵な出会いです。

コンサートは本当に素晴らしく、3つの音色が1つの美しい音楽になり美しさに心が震えました。

あの様な素敵なコンサートがこんな近くで聞けるなんて、素晴らしい事です。

世界中の誰もが知っているオペラハウスでの演奏と、家の近くのホールでの演奏。
どちらも心が震える音楽に変わりの無いという事です。

なんだか民藝の想いに通じました。

素敵です。







posted by sawako at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の風景

2016年03月17日

嫌いな方も多いですが…

嫌いな方も多いですが、私はパクチー大好きです。

お粥やフォーには欠かせません。

と言う事で、パクチー栽培始めました。

image.jpeg
posted by sawako at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の風景

2016年03月03日

スリップウェアのピアス

三重県の陶芸家 山口和声さんにお願いして作ってもらったスリップウェアのピアス。

素敵に作ってくれました!

これからの季節に合いそうな色です。

有難う!

image.jpeg
posted by sawako at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の風景

2016年03月02日

春パスタ

今日のお昼ごはんは、筍と蕗の薹のペペロンチーノ。

春パスタ!
image.jpeg
posted by sawako at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常の風景